Friday, August 31, 2012

にほんのドラマ から...


ともだち   すき です, わたしは ともだち なし では いきていきません。わたしに とって、ともだちとは かぞく のつぎ に いちばん たいせつなものです。わたしには たくさん の ともだちが います。どういゆう ともだちが いるのかで、われ われのしゃかいてきち が ひとから はんだんされることが よくあります。

わたしが おもいに、このように ともだちが ひとりも いないにんげん など 絶対にいません。にんげん ではなくても ひとは それ ぞれ いろんな ともだち を もっています。しゃべる ことが にがてなひとは ほんが そのひとの ともだちに なり、ほかにも しょくぶちゃ どうぶつ それにために みえない、ただ のくうそうな ものするも われ われこじんのともだちなのです。


わたしは どらま をみるのが とても好きなので、こんかいのてま は とてもだいすきです。よく いうう ように、こんぽんてきに ゆうじょうとは しんらいと あいて
をの おもやりで できています。その ふたつのようそが なくて は ゆうじょうかんけい は ぜったいに できません。なぜなら、ゆうじょうとは、たがいに あたえあい、うけあい、しんじあいながら うまれたいくもの だからです。

うつくしいゆうじょう を きずきあげるのは、まばたきを するほど かんたんなこと ではありません。それをうみだすには、あいて への しんらいをより ふかめないと いけない。なぜなら ほんとうの ゆうじょうを てにする まで、いろんなものが その かんけい を かわすために おそってくるからです。だけど そのもんだいを ふたりで いっしょに しんじあいながら、そして たすけあいながら のりこえて いった さきに ほうんとうのゆうじょうを 手にできりのです。つまり、ともだちのしごとは、ともだちが ひつようと するときにそこに いてあげて そして それを てつだうこと なのです。

みなさん これが わたしが どらまから えられたものです。そのひとつは ごくせんです。やんちゃで とてもてに おえない だんしこうこうせいのはなし。くらすは まるで じぶんのらくえんの ように あつかい、きょうしの ことには ぜんぜん したがわず、でも そのなかの ひとりに なにか もんだいが おくると、みんな なにも いわずにすぐに そのともだちを まもるのです。

こおいゆうことが わたしが にほんの どらま から いちばん すきなことです。せんとあるにほん どらまから、おおくが こういった しんらいにすて かったている ものばかりです。なにもかんがえず あいてを しんらいする、げんじつ せかいには、もう そんなに みられないものです。

今のげんじつせかい では、ともだち を つくるまえに、こいつを ともたちにしたら じぶんに なんの めりっとが あるんだ?とか このひとを ともだちに して ほんとに とくが あるのか?など かんがえいてしまいます。こおいった かんけいは ながつくしません、なぜかというと。あいてが じぶんに ひつようじゃなくなったら、そのひとは もう ともだち としてうけいれてくれくなる から です。

そんのとくの ための、ほうんとうのともだちは いえません。もしその かんけいの なかに しんらい が なくなったら、そこで もう そのかんけい は おわりなのです。だからこそ,わたしは ともだちに とって の いいともに なれるように がんばっています。このときから ともだちをしんじる どりょくを しましょう。どんな ともだちから もう しんらいさせるひとに なりましょう。やんくみが 3-Dに むけて おくったんことばの ように“ともだちとは いっしょうにの たから”だと。

No comments:

Post a Comment

Thanks for stopping by ^^

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...